RSS

二黄卵終了・・・・


こんにちは。

浜松のたまご屋「タカイのタマゴ」です。

すぎ花粉はピークに入りましたね。

あと二週間もすればだんだんと花粉の量が減ってきてくれると信じて。。。。

マスクも全然買えないので、早く花粉症が終わってほしいです><


さて、皆様に大人気の「二黄卵」ですが終了いたしました・・・・

次のひよこが成長してニワトリさんになるまで暫くお待ちください。



「初産みたまご」は時々販売しています。

「SS」又は「SSS」が30個入って300円となっております。

小さいタマゴはまれに黄身が入っていない場合があるそうです。

白身だけのタマゴ・・・・・です。

見たことないので見てみたいです。
2020-03-03 16:42:19

新年会2020


こんにちは。

浜松のたまご屋「タカイのタマゴ」です。

2月8日土曜日に髙井養鶏の新年会が行われました~♪♪

場所は磐田にある「釜めし とらや」です。



9名まで乗れる送迎バスもありますのでとても便利です。

希望のコース料理に釜めしは付いていなかったのですが、とらやに来たら「釜めし!」ということで他の料理で調整してもらって釜めしを注文しました。



選べる釜めしは全部で4種類です。上は鮭の釜めし、下はあさりの釜めしです。

私はあさりの釜めしを食べましたが、あさりがたっぷりでとても美味しかったです♥


こちらはきのこの釜めし。釜めしの量ですが、男性でも満足できると思います。

コースで食べればお腹がパンパンになります。

みんな食べきれずお持ち帰りしました。


食べちゃいましたが(-_-;)、うなぎの横には卵焼きものっていました。



お品書きは、手書きとなっています。ここの奥様は字が達筆なんです・・・・(うらやましい・・・・)



新人さんが入ってこないので、平均年齢は年々上がっていますが、おばちゃんパワーで今年もがんばります!!!!



最後は恒例のビンゴ大会で盛り上がりましたよ~

飲み足らなくて家で飲みなおした人もいますが、今年の新年会も元気に楽しく終了しました♬
2020-02-12 16:57:39

タマゴの形について



こんにちは。

浜松のたまご屋「タカイのタマゴ」です。

今年は暖冬で浜松の最低気温が氷点下になることは今のところありませんね。

暖冬はありがたいのですが、暖かい分早く花粉症になりそうでビクビクしています(-_-;)


今日は「タマゴの形」についてお話ししたいと思います。



「ニワトリのタマゴの形」はひと言でいうと楕円形ですが、詳しく説明すると上は丸く先は細くなった形になっています。

爬虫類や魚類のタマゴは球体のものが多いのに、ニワトリをはじめとする鳥類のタマゴはなぜいびつな楕円形になっているのでしょうか?

(「チコちゃんで見たよーー。」って方も暇つぶしにお読みください<(_ _)>)


鳥類は飛ぶことが出来るので、木の上や崖に巣を作ります。

しかし、高いところに巣を作ることで巣からタマゴが落下してしまうおそれがあります。

そこで、鳥類は進化の中で非対称のいびつな楕円形を生み出しました。

この形であれば転がりにくく、たとえ転がったとしても元の場所に戻ってくる軌道を描くので、巣から落下する危険性が低くなります。

また、タマゴの尖がり具合も鳥の種類によって様々で、渡り鳥など飛行能力の高い鳥ほど尖ったタマゴを産むそうです。



ニワトリのタマゴだけ見てみても、スーパーなどで売られているものは形が整っていますが、実に色々な形のタマゴがあります。

まん丸だったり、モデル体型で細かったり、丸みを帯びていなかったり、しわしわだったり・・・・・・

このようなタマゴは規格外となり、一般のお客様が目にすることはなかなかないかと思いますが、並べて比べてみるとおもしろいかもしれませんね。


日本人は目で見て楽しむという食文化がありますので見た目の美味しさは非常に重要ですが、味に違いはありませんのでヘンな形のタマゴでも安心して食べてくださいね♪♪♪


2020-02-03 16:37:56

自販機について


こんにちは。

浜松のたまご屋「タカイのタマゴ」です。



昨年の夏、中日ショッパーに自販機と卵の殻について紹介されました。


紹介された後、卵の殻は大人気となり予約待ちの時もあるほどです。



寒い冬でもせっせと殻を干しています。

まだ利用されたことがない方は、畑や田んぼの肥料に是非お試しください。



また、中日ショッパーを読んでタマゴの自販機にも新しいお客様が来て下さるようになりました。

本当に嬉しく思います♪♪

さて、当自販機では大きく分けて「もみじたまご」と「さくらたまご」を販売しているのですが、タマゴの補充をしている時にお客様とお会いすると

『「もみじたまご」と「さくらたまご」の違いは何ですか?』

と聞かれます。

「もみじたまご」の方が割高なので悩む所なんですね・・・・


しかし、髙井養鶏で販売している「こだわり卵」の「もみじたまご」と「さくらたまご」に大きな違いはありません。

どちらも、純国産鶏から産まれたタマゴですので、生食でも安心して召し上がることができます。


「もみじたまご」の方が割高なのは、「もみじたまご」を産むニワトリの方がエサを沢山食べるからです。

なのでお会いするお客様には「お好みで。」とお伝えしています。

「お好みで。」というのは、

例えば、お菓子作りなどに利用するならどちらかというと卵黄の薄い「さくらたまご」が好まれます。

贈答品には高級感があり黄身の濃い「もみじたまご」をおススメしています。

人気はもちろん「もみじたまご」です。



明日は「大寒のたまご」を数量限定で発売いたします。

大寒に産まれたタマゴを食べると、「金運アップ!!!」「健康運アップ!!!」だそうです。

我が家は毎年欠かさず食べています。

お金は貯まりませんが・・・・・家族みんな健康です(^O^)
2020-01-20 16:49:01

新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。





2020-01-06 16:50:13

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ